��お知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・


みなさまへ

今日も訪れていただきありがとうございます。個人セッションはお休み中です。

動画配信にて、自由な時間にお好きなだけ、何度でも、浄化クリアリング・パワーチャージしてくださいね^0^/


・・・・・・・・・・・・・・・・

3.23.2015

SFS NO.2 星の育成

Welcome!
こんにちは。Happiness Art ゆかりです。(^0^)/




・:・*・:・*・:・*・:・


Spiritual Fantasy Story  スピリチュアルファンタジーストーリー
NO.2 星の育成



『造の主』は 
自分のつくり上げた星達を とても愛おしくおもい
それぞれの特性を観察したりしていました。

やはりお気に入りは 光る生物が発生した あの水の星です。



光生物






















水をうごかしたり 
他の星の成分を撒いたりとしているうちに、
水生生物の種類は増えていきました。


そうして
この水の星にも 乾いた土地を作ってみようと
試行錯誤しましたが、
成分が合わないのか 生物達は次第に弱っていきました。


『造の主』は、断念し、
この星は 水だけの星にすることにしました。


代わりに、
乾いた大地の星に水を作ることにしました。
少しづつ その面積は増えて いつしかその周りには
陸の植物や生物が増え始めました。


そうして 大気などの環境も安定してきたころ
少しずつ、光る水生生物を移動させ、
適応するものを選び出し、研究・改良・新種を作り出し、 
その種を増やしていきました。

自然発生する種も出来始め、
循環しだしたのを見た『造の主』は、満足して
他の星たちの育成へと没頭していきました。



しばらく時が経ち、
思い出した あの水陸星に目をやると、
あろうことか、水は干上がり 荒れ地と化していました。


もうどんなに手をつくしても 無駄でした。


『造の主』は、とても悔やみ
同じような星をつくりだそうとしましたが、
できませんでした。


長いこと考え、


『造の主』は、
もう1つの銀河を
つくりだすことにしました。



・:・*・:・*・:・*・:・


・twitter 

・Facebook   yukari  Saimyo

・Facebook   Happiness  Art


それでは また お会いしましょう^^
天使の祝福を☆ANGEL BLESSINGS!